otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

WSJ スペインの構造改革は今一番遠いところにいると懸念 (総選挙の結果をうけ)

|


プレスデジタルによると、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が、先週スペインで行われた上下院任期満了による総選挙の結果を受け、「スペインの経済回復のための構造改革は、今、一番遠いところにある。」と、懸念を表明したことが分かった。


総選挙の結果から、国民党PPとスペイン社会労働党(PSOE)との間に連立政権の可能性が無くなり、政治的不透明さにより、欧州中央銀行(ECB)の債券購入を停止したときにその影響がはっきり出るのではないかと語っている。


WSJは「PP,PSOE,Cs,PODEMOSの4つの党は、選挙運動中、中小企業の国際的競争力を高めることや、失業者の削減などを公約にしていたものの、その解決に具体的な解決策を提示していなかった。 教育システムの貧弱さと生産性向上のためのイノベーションの欠如が必要だ。」とのこと。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。