otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

大企業の代表者らが日曜日に総選挙の結果を分析

|



17の大企業の代表者らで構成される、競争力のための社長協議会(El consejo Empresarial para la Competitividad:CEC)は本日予定されていた総選挙の結果を分析する協議会をキャンセル、27日に行うことを決定した。


CECの発表によると、第一党この国民党(PP)と第二党スペイン社会労働党(PSOE)及び市民党(Cs)の連立に関する可能性などを協議する予定。


CECはイサック・アンディク(MANGO)、アナ・ボティン(サンタンデール銀行)、アントニオ・ブルファウ(レプソル)、ホセ・マヌエル・エントレカナレス(アクシオナ)、イシドロ・ファイネ(ラ・カイシャ銀行)、ディマス・ヒメノ(インディテックス)、ホセ・クレウヘラス(プラネタ・グループ)、フロレンティーノ・ペレス(ACS)、ラファエル・デル・ピノ(フェロビアル)、フアン・ロッチ(メルカドーナ)、イグナシオ・サンチェス・ガラン(イベルドーラ)によって構成されている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。