otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 総選挙 スペインの「日本ではこのように報道されている」はどう”報道されている”のか

|

スペイン、ラ・バングアルディア紙は、20日に行われた総選挙に関して、日本でどのように報道されているのかを報じた。


NHK 民党(PP)の過半数獲得が難しい。 緊縮政策による経済回復を実現、第一党を維持。


日本で最大の購読者数を誇る読売新聞は、総選挙の結果に対し「新興政党の登場により、2大政党の終焉が訪れた。」と、毎日新聞と同じ論調で、「80年代から続いたPPとPSOEの2大政党の終わり。」と報じている。


進歩主義の朝日新聞は「マリアノラホイ首相は野党左派の躍進により、政権維持を模索。」「組閣困難。」


保守派産経新聞は「新政府は長命になれるか」と疑問を呈した。 「次期首相は、BCEのQE緩和、原油価格低下及び経済回復の恩恵を預かるだろう。」



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。