otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 日建設計のヨーロッパ本拠地がバルセロナに

|



1900年に設立された日本の組織系建築設計事務所で、さいたまスーパーアリーナ等の有名建築物を多く手掛けている日建設計のヨーロッパ本部がバルセロナに設立された。


数週間前から営業が始まったボナノバ(Bonanova)にある事務所に、数日前、亀井忠夫代表取締役社長が来西、「現地の建築家らと協力体制を強化していく」と、今後の戦略を語った。 また、今後バルセロナを足掛かりに欧州連合各国にその販路を拡大していく構えだ。


また、亀井社長はバルセロナにヨーロッパ本部のプラットフォームを設立した理由を「バルセロナと言う街は、アントニオ・ガウディの作品の影響、バルセロナでの建築家の教育の質、バルセロナの素晴らしいアクセス性と、機会に溢れている。」田岡経っている。


日建設計は、日本の設計事務所最大手で、世界でも5つの賞を受けている。 また、従業員は2,500人、そのうち千人以上が設計士。 本社のある日本以外にも、シンガポール、ソウル、上海、北京、ハノイ、ホーチミン、ドゥバイ等に事務所を構えている。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。