otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン首相の顔を殴ったのは、ウルトラのメンバーだった可能性

|




プレスデジタルが17日報じたところによると、16日、マリアノ・ラホイ首相がガリシア州ポンテベドラを遊説中に突然顔を殴った17歳の青年は、フットボールクラブ、ポンテベドラCFのウルトラ(フーリガン)、モシダデ・グラナテのメンバーだった可能性があることが分かった。


ポンテベドラのサッカー情報を発信している”haiqueroelo.es”は「モシダデ・グラナテは、ラホイ首相を襲ったメンバーを追放した。」というツイートを行った。 (なお、現在ツイートは削除されている模様。)





ソース

El agresor de Rajoy es miembro de Mocidade Granate


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。