otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン国鉄(Renfe)、スペイン鉄道インフラ管理機構(Adif)、カタルーニャ州近郊鉄道R2norte線、R8線、R11線の特別運行を開始 (銅線窃盗による信号機システム故障を受け)

|




12月15日早朝にカタルーニャ州近郊鉄道の銅線が盗まれ火災が発生、信号機システムが機能しなくなったのを受け、スペイン国鉄(Renfe)とスペイン鉄道インフラ管理機構(Adif)はR2norte線、R8線、R11線でバス等の代替交通機関を用意、現在のところ以下のような運行状況になっている。空港からの電車が一時間2本なので注意が必要、レンフェや空港バス等の混雑が予想される。


R2norte線(Sant Celoni – Aeropuerto por Granollers Centre (R2norte線ほぼ全線))

Sant Celoni駅 -Granollers駅 -Gavà駅 上下線とも1時間に2本

空港 -Sant Andreu Comtal駅 上下線とも1時間に2本


更に、Granollers Centre駅、Mollet Sant Fost駅、Montmeló駅、La llagosta駅からバルセロナのSant Andreu駅への直通バスを運行中。 


R8線(Martorell – Granollers Centre - Cerdanyola UAB)

Martorell駅 - Cerdanyola Universidad駅 通常運行

Cerdanyola Universitat駅 - Granollers Centro駅 臨時バス


R11線(Portbou – Barcelona – Girona)

上下線ともに1時間に2本


MoncadaからはR3とR4を使えばバルセロナ市内につくことが出来る。

詳しい情報は

www.rodaliesdecatalunya.cat

www.adif.es

900410041


銅線の窃盗により、今日だけで200本、6万人に影響が出た。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。