otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2012年から13年に行われた親善試合に関して、メッシ選手及びメッシ財団に対する脱税容疑を取り下げ

|




バルセロナ地方裁判所は、FCバルセロナのメッシ選手及び同選手のメッシ財団に対し脱税の容疑を取り下げたことが分かった。


今回の脱税容疑は、2012年から13年にメキシコ、米国、コロンビア、ペルーで行われた親善試合6試合に関するもので、財団を利用して利益を不正に受け取り、税金の申告漏れがあった疑いがもたれていた。


判事は、調査の結果、犯罪につながるような文章は確認できなかったとし、脱税容疑を取り下げた。 また、親善試合の主催者と仕事をしていたアルゼンチンの会社経営者ギエルモ・ハビエル・マリン氏の証言によると、試合開催地の地元企業との協力は必要であったとしながらも、合計137万ドルの使途が明確にされていたと、判事は結論付けている。


ソース

Archivada la causa contra Messi por posible fraude en la organización de amistosos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。