otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ユネスコ親善大使、バルセロナ五輪テーマ曲ソプラノ歌手、モンセラート・カバリェ、脱税で6か月の実刑判決

|


92年バルセロナオリンピックのテーマ曲でフレディ・マーキュリーとのデュエット曲「バルセロナ」でも有名な、スペイン人の人気ソプラノ歌手、モンセラート・カバリェが、脱税の容疑でバルセロナにある裁判所から出頭を命じられていたが、健康上の理由で出廷命令を受けたにもかかわらず、裁判所に姿を見せなかったが、15日、自宅にテレビ会議システムを設置し公判を開始、2010年にアンドラ公国に住居を移し脱税を行ったとして罰金25万4千231ユーロと6か月の実刑判決を言い渡したことが分かった。


同ソプラノ歌手は、今年5月にバルセロナ裁判所より出廷を命じられていたものの、健康上の理由で出廷していなかった。 


同裁判所によると、このソプラノ歌手は、2010年バルセロナに住んでいたにもかかわらず、アンドラ公国に居住権を移し、スペイン政府への納税を回避していた疑いがあった。 


5月の出廷命令は、脱税の罪を認める事、18か月間補助金や公的支援を受けない事、6か月間の懲役を受ける事などに署名をする予定であったが、12月、自宅にテレビ会議システムを設置することで公式に判決を言い渡すことが出来た。


ソース

Condenan a Montserrat Caballé a seis meses de cárcel por defraudar a Hacienda

ソプラノ歌手モンセラート・カバリエ、バルセロナ裁判所に姿を見せず。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。