otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・アラゴン州最大の汚職事件”Molinos事件”、本日から公聴開始。

|



サラゴサ地方裁判所は15日、アラゴン州最大の汚職事件とされる”Molinos事件”の公聴を開始する。 


同州最大の汚職事件の中心人物はサラゴサのラ・ムエラ市の元市長マリア・ビクトリア・ピニージャで、贈収賄、利益誘導、補助金詐欺、横領、偽造、背任、恐喝、マネーロンダリング等、合計で39件の容疑がかけられている。


国家警察所属対経済金融犯罪(UDEF)が2009年に逮捕するまで、マリア容疑者はラ・ムエラ市の市長を24年間勤めていた。検察当局は37年の実刑を求めている。  彼女の他に、元夫のフアン・アントニオ他合計で37人が逮捕された。


今日15日から18日まで予備審問が行われ、来年の1月11日から3月31日まで公判が行われる。


ソース

Comienza este martes el juicio de la 'Operación Molinos' contra la alcaldesa de La Muela y otros 39 acusados

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。