otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

パブロ・イグレシアスが、国民50人から面接される

|



ポデモスのパブロ・イグレシアス党首が、13日から18日の間、トレド、サンタンデール、オビエド、バリャドリッド、ムルシアの街で合計50人の住民から面接を受ける。


ポデモス党はインターネット上にプラットフォームを作成、党首に質問したい国民を募集している。


党首は、「首相になることは、上司になるということではない。 国民に雇われるという事だ。 首相になるという事は、国民が持っている問題に対して、回答ができる準備をするというのが仕事だ。」と、語った。



質問フォームは水曜日まで募集され、その後選考にかけられる。 国民による党首への面接はトレドで13日、サンタンデールとオビエドで15日、バリャドリッドで16日、18日にはムルシアで行われる

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。