otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

総選挙 スペイン社会労働党のマニフェスト

|



21世紀の社会情勢に即した憲法改正


労働基準法などの改正 最低賃金を8年間で1,000ユーロまでに引き上げ。 雇用形態を正規雇用、契約社員、職業訓練契約の三つを制定。


教育を受けていない70万人の青年に対する基本職業訓練プログラム法の可決


子供一人に対し、母親の社会保障費2年間の免除。 出産後4週間後でも父親としての親権登録が出来る。


脱税対策のため、マルサを5千人規模に拡大。


現金での支払い上限1,500ユーロ。


税制を再検討するため、専門家チームを創設。 文化関係の付加価値税(IVA 消費税に相当)を10%に減税。


収入が無い家庭、もしくは月426ユーロ未満の収入の家庭に対し月708ユーロになるように、また、扶養家族一人に付50ユーロ、最大150ユーロまで給付。


貧困の危機に瀕している家庭に対し、料金の未払いによるライフラインの供給停止を禁止。 1億22百万ユーロの予算を計上。


全ての地域で同様の保険制度・アクセス性を実現。


現行の教育制度を刷新、教育に5%の予算を上乗せ、0歳から18歳までの教育制度を一般化。 教科書代を無料に。


バチカンとスペイン政府の契約を破棄、宗教の自由法を可決へ。


戦争記憶法の順守。 市民戦争や、独裁政権時下で行方不明になった家族がいる家庭への補償金支払いのため、ADN銀行の創設、寄付金収集を強化。


I+D+iへの予算を倍増。


家庭内暴力・汚職などで有罪判決を受けた受刑者の恩赦を与えない。


地方自治体の近代化するための法改正を中止。


市民保護法(いわゆるLey de Mordaza)を廃棄。 国内にある全ての刑務所に監視カメラを設置。


風俗を違法に。 サービスを受けた側も処罰対象。


上院をバルセロナに引っ越し。


ソース

20 de las principales medidas del PSOE para las elecciones generales 2015

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。