otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

総選挙 国民党のマニフェスト

|



個人所得税(IRPF)率の引き下げ。 現行の最低税率19%から17%へ、最高税率を45%から43%へ。


正規雇用者へ企業が支払う社会保障費の定額料金制を4年間に延長。 雇用促進狙い。


社会保障が必要な家庭及び障碍者がいる家庭への現金支給増額。


電気料金の政府へ支払う設備費の一部を撤廃(Peaje)


若者向けのスペイン高速鉄道(AVE)特別料金の実施


オーストリアシステム(もしくはモデル)の導入(労働者一人ひとりに会社が給料の1.57%の基金を積み立てていくシステム。)


国内の中小企業支援策強化。


スペイン企業の充実を図るための税制の見直し。


電気料金を抑えるために原子力発電所を使用し、集中中間貯蔵施設(ATC)の設置、他のクリーンエネルギーの利用率を徐々に高めていく。


各自治州が、教育、保険などの社会サービスを十分に提供できるような税制改革。


SICAVの改善(オープンエンド型投資信託)


市長選出のための選挙法改正。 (与党が絶対過半数を獲得できなかった場合の選出法の簡易化)


反汚職のためのロビー活動の禁止もしくは抑制。


テロリストの被害に遭った時の補償金増額及び未解決のETAによる事件の捜査拡大のための予算を拡大。


防衛庁に関し、兵役についている家族がいる家庭への援助、移動の自由の拡大、性的虐待の抑制、防衛費の正常化。


司法の完全独立性を保つこと。(カタルーニャ州政府と対立しているときに憲法裁判所や、全国管区裁判所を”利用”しているのはPPだが) 未成年者の容疑者の裁判プロセスの見直し、強制立ち退きされた家族の社会保障裁定プロセスの見直し等。


スペイン行政機関による個人または法人の契約に関する法律、「公共契約法」(Ley de Contratos del Sector Público)の改正。


教育の支援向上


スペイン語を学ばせる「権利」を確保する。 両親が望めばスペイン語(Castellano)を息子に教育させる権利を確保する。


創造産業法の設立、国立考古学博物館規制法の設立


ソース

Las 20 medidas clave del programa electoral del PP en las elecciones generales 2015

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。