otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン選挙運動始まる

|



12月4日0時、今月20日に行われる予定のスペイン総選挙の選挙運動が解禁、国民党(PP)、スペイン社会労働党(PSOE)、市民党(Cs)、統一左翼(IU)、連合・進歩・民主主義(UPyD)らが選挙運動を開始した。


選挙運動は伝統的にマドリードで行われるものの、ポデモス党はビリャラルドのサモラで選挙キャンペーンを開始。


PP

選挙運動開始イベントでは、DJプルポが場を盛り上げ党関係者や支持者にチョコレートやチュロスが振舞われた。 ラホイ首相は「(国を)統治する方法を知っている。」「今の課題は未来だ。」などと語った。


PSOE

選挙運動開始イベントに出席したペドロ・サンチェス党首は「4年間スペイン人をだまし、(情報)を操作してきた政府に教訓を」と語った。 サンチェス党首はスペイン社会学研究センター(CIS)のアンケート結果を疑問視している。(特に総選挙の得票率予想など)


Cs

ニューヨークタイムスが以前、市民党が政権を取ると予測して以来、海外メディアから注目の集まっている市民党には、50以上もの海外メディアを含むプレスがマドリード・ホテル・ユーロビルディングに集まった。 リベラ党首は「私たちの計画が唯一貴方たちの夢を実現することが出来る。」


PODEMOS

人口2千人にも満たないビリャルドのサモラ村で選挙運動開始イベントを行ったパブロ・イグレシア党首は「我々の課題は、無視される村が無くなるということです。」とのこと。


ソース

Los partidos abren la campaña de las elecciones más reñidas de la democracia


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。