otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 社会支出削減費TOP3ラ・マンチャ、カタルーニャ、アラゴン

|


社会福祉取締役・管理者協会(la asociación de Directores y Gerentes de Servicios Sociales)によると2009年と比較して社会福祉費の削減率が最も多かった自治州がカスティリャ・デ・ラ・マンチャ、カタルーニャ、アラゴンであったことが分かった。


カスティリャ・デ・ラ・マンチャ州は2009年と比べて26.93%の社会福祉費を削減、16億3720万ユーロ削減。 削減率2位のカタルーニャは26.26%で54億3860万ユーロ減、3位のアラゴンは22.50%削減の8億1140万ユーロ減。



4位以下はガリシア(16.21% 11億5220万ユーロ減)、5位エクストレマドゥラ(13.40% 4億1940万ユーロ減)、6位アンダルシア(12.60% 24億5710万ユーロ減)、7位カナリアス諸島(12.43% 6億2430万ユーロ減)




「この7年間の経済危機で、社会サービスが必要であったにもかかわらず、741億5200万ユーロの削減が行われた」と協会は指摘した。



協会が公表した情報によると、分野別に見た経費削減率は


公衆衛生 -15.75%(101億815万ユーロ減)


教育 -13.65% (55億6680万ユーロ減)


社会サービス -10.95% (13億180万ユーロ減)



債務支払い +317.9% (218億9790万ユーロ増)


ソース

La Mancha, Cataluña y Aragón, las comunidades que más han recortado en política social, según un informe


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。