otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ州政府意識調査機関オピニオン研究センター(CEO)によるデータ

|




12月2日、カタルーニャ州政府の州民意識調査機関「オピニオン研究センター」(Centro de Estudios de Opinión de la Generalitat)が18歳以上の成人、1050人を対象にしたアンケート結果を発表した。 県別のサンプル数は

バルセロナ 783人

ジローナ 98人

リェイダ 60人

タラゴナ 109人

調査期間は11月16日から23日。


公表されたアンケート結果によると、カタルーニャ州の独立に「反対」と答えたのが全体の48.2%、「賛成」と答えたのが46.6%となった。


記者会見を行ったジョルディ・アルヘラグエット局長は、「10月に初めて「反対」が「賛成」を上回ってから徐々に「反対」派が増えてきている。」と発言。 10月の独立「反対」派は47.8%、「賛成」派は46.7%と、「賛成」は2か月連続で横ばい。


アンケートの別の質問で

「カタルーニャ州は。。。。。」

A「独立国になるべき」       40%

B「自治州政府になるべき(現状維持)」 24.6%

C「スペイン連邦政府内国家になるべき」 24.5%

D「スペイン国の一地域」 5%

4%は分からない、1.9%は無回答。


現在の経済状況に対する意識

カタルーニャ州の経済状況は

「悪い」 53.1%

「とても悪い」21%

「良くも悪くもない」8.8%

「良い」16%

「とても良い」 5.7%

と、スペイン全体の割合とほぼ変わらない数字が出てきた。


現在の政治情勢に対する意識

カタルーニャ州の政治に10点満点で点数をつけてくださいと言う質問に

0点~4点 55.8%

5点~10点 43.3%



ソース

Un 48,2% de catalanes rechaza la independencia y un 46,6 la avala según el CEO

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。