otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ 全国管区裁判所がカタルーニャ州の自治体5か所の調査を要請 独立開始法案を擁護した疑いで

|

全国管区裁判所(Audiencia Nacional)は2日、ジローナ、セルラ(Celrá)、ラ・セウ・ドゥルヘル(La Seu dUrgell)、イグアラダ(Igualada)、サンクガット(Sant Cugat del Vallés)の市役所に対し、本日憲法裁判所で「憲法違反」と判決が下った「カタルーニャ州独立開始法案」可決に加担し、国家反逆罪を犯した市議会議員の名簿の提出を要請した。


全国管区裁判所のハビエル・サラゴサ判事は、11月26日に、州議会が11月9日に提出していた独立開始法案に加担した議員等は国家反逆罪の可能性があるとして、憲法裁判所が「違憲」の判断を下した場合、この法案に加担した議員らを調査すると発言していた。


ラ・セウ・ドウルヘルとセルラ市に関しては、既にフェルナンド・アンドレウ判事とサンテァゴ・ペドラス判事が事前に捜査を開始いていた。


全国管区裁判所検察官はさらにカタルーニャ州モススダエスクアドロ自治警察局長に対し「緊急」に「法案可決」に加担した議員の身元を確認するよう要請した。


ソース

La Fiscalía pide investigar a cinco municipios catalanes por apoyar la resolución independentista

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。