otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 養子殺害事件ロサリオ・ポルトの弁護士控訴の構え

|



養子を殺害したとして18年の実刑判決が下されたロザリオ・ポルトの弁護士ホセ・ルイス・ギテレス・アラングレン弁護士は、明日、証拠不十分だったとして、無効審理の控訴を行う予定


ロザリオ・ポルトとアルフォンソバステラは中国人の女の子、アスンタちゃん(12)を養子にしていた。 2013年9月22日夜に、アスンタちゃんの絞殺遺体がテオの森で発見された。 司法解剖の結果、ロラゼパム(抗不安薬で副作用は眠気、倦怠感、脱力感)が検出され、裁判所は凶悪で計画的な犯罪として18年の実刑判決を言い渡していた。


ソース

La defensa de Rosario Porto pide en su recurso la absolución por falta de pruebas y plantea la nulidad del juicio

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。