otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

レイナ・ソフィア博物館 マドリード出身の画家フアン・ヒラルトの作品90点を展示中

|



レイナ・ソフィア博物館では、今日から来年1月29日までの間、フアン・ヒラルト(マドリード、1940-2007)アンソロジーとして40年間の作品90点を展示している。


最初に、1975年に描かれたグロリア・キルビーコレクションから作品が貸し出されている。 この作品は墨汁や、エアゾール、アクリル塗料等が使われて描かれている。


大きな展示室には70年代の作品が展示される予定で、'El sillón' (1972),、'Retrato de Zush' (1973) 、 'La Pinocha' (1973)や80年代の作品等も楽しめる。 


2つ目の展示室には、90年代の8作品が展示されており、BBVA銀行から貸しだされた'Naturaleza fría' (1990-91)、スペイン中央銀行から'Ica-Nazca', (1993)等を鑑賞することが出来る。


晩年の作品'Castilla' (1995)、 'Decó' (2002)、'Túmulo' (2004- 2005) 、'Lucy' (2005-2006)も鑑賞できる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。