otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSOE次の政権に何を望むかを国民に問う 「権利、機会、自由」を保証

|




スペイン社会労働党(PSOE)は国民に対し、次の議会に何と望むのかを問い、「労働、教育の改善、汚職の無い政府。」と答え、ペドロ・サンチェス党首は「権利、機会、自由」を保証し、「多くの人のための未来のための政治」を目標に据えた。


これは、今日行われた記者会見で流された新しいPSOEの選挙キャンペーンビデオの一幕で、PSOEナンバー2のセサール・ルエナ氏が紹介した物。


ビデオの中では、様々な人々が政府に対して「希望」を発言、その中の一例として「勉強するための奨学金が欲しい。」「生活することが出来るほどの給料が欲しい。」「フードバンク等に頼らないで生活したい。」さらにカタルーニャ州民がカタラン語で「(私が)払った分だけ社会サービスに反映してもらいたい。」やガリシア語で「息子に最良の教育を受けさせたい。」など、各地の国民の声を反映したビデオになっている。 


最後に、白い服を着た党首が「私が望むのは「権利」「機会」「自由」だ。 多くの人の未来のための政治をしたい。」とキャンペーンビデオは締めくくられている。  ビデオの解禁は今週日曜日


ソース

El PSOE pregunta a los españoles qué desean para la próxima legislatura y promete "derechos, oportunidades y libertades"

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。