otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン パルマ・デ・マヨルカ 警察の組織的犯罪が浮き彫りに

|



パルマ地方裁判所判事マヌエル・ペナルバ判事は現在、地元警察により恐喝を受けていた観光事業企業家らの訴えを調査中、警察による組織的犯罪が浮き彫りになっていると発表。


一か月余りの調査の上、複雑な犯罪組織が浮き彫りになっており、地元警察の上層部まで捜査の手が及んでいることを明らかにした。


判事によると、目撃者や被害者らは「(身元が割れるのが)恐れているのではない、怯えているのだ。」と強調した。


ペネルバ判事は「パルマビーチで起きた警官に対する告発に対し、パルマ地方警察元局長のアントニ・ベラ容疑者が他の検査官と共謀し、その訴えを取り下げた」ことを例として挙げて、警察に根付く深い汚職体質を批判した。


同様に、ある警官はルーマニア人の犯罪組織につけ狙われ、命の危険すら感じたと証言したことが分かっている。


更に、他の元局長ジョアン・ムート容疑者は、市議会議員ギジェルモ・ナバロが告発されたにもかかわらず、不可解な理由で、原告の一人に対し、懲戒差し止め命令を行ったとのこと。


判事は、地元警察が、コミッションや複数の犯罪を行っただけではなく、この様な犯罪が常態化していたとみて、事態は深刻であり、多くの警官が既に犯罪組織内で危険を含む重大な犯罪を犯していると指摘。


パルマビーチを巡る汚職事件は今年5月に裁判が行われており、売春クラブや麻薬のディーラー、空き巣や強盗を犯していた犯罪組織との癒着が明るみになっている。


ソース

El juez apunta a datos "escalofriantes" sobre la trama de corrupción en la Policía de Palma

パルマ・ビーチを巡る汚職事件

1 コメント

1

なんと恐ろしく汚れた世界でしょう! まるで映画のような現実にビックリです

によって書かれた 亜子 15年12月02日02時05分

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。