otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 憲法裁判所「カタルーニャ州独立開始」法案に対し、審議を開始

|




憲法裁判所は1日、独立派合同会派ジュンツ・パル・シィと人民統一候補(CUP)がカタルーニャ州議会に提出、承認していた「カタルーニャ州独立開始」法案に対する国家弁護団(Abogacía del Estado)(中央政府)の違憲であるという訴えを受理していた件で、本日、違憲かどうかの審議を開始した。


憲法裁判所(Tribunal Constitucional)は11月11日に中央政府によって提出された訴えを受理、法案は州議会を可決したものの憲法裁判所の審議が終わるまで効力が「凍結」されている。 法案が憲法違反で、その責任はカタルーニャ州政府高官19人を名指し、アルトゥール・マス暫定州首相を始め、カルメ・フォルカデイ議会議長等が含まれている。 もし、この命令に従わない場合、刑事責任を含む法的責任を負うことになる。


憲法裁判所は国家弁護団(中央政府)の訴えにより、構成法87.1条を初めて適用、自治州で可決された法案を初めて凍結した。 


しかしながら、憲法裁判所は中央政府の全ての訴えを受理したわけではなく、LOTC92.4条の適用は見送った。 これは、例えばカタルーニャ州政府議会議員の更迭などの効力がある。


先週金曜日、カタルーニャ州政府は憲法裁判所に対し、11月9日に可決した「カタルーニャ州独立開始」法案は、州議会の決定であり、憲法裁判所の違憲かどうかという審議は必要ないものだという、訴えを起こしている。


ソース

El Pleno del Constitucional comienza a estudiar el recurso del Gobierno contra la resolución independentista de Cataluña

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。