otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリードで大気汚染プロトコル”ステージⅠ”発令 環状線M-30の最高速度を70キロメートル毎時に規制

|



マドリード市は1日、大気汚染プロトコル”ステージⅠ”を発令、マドリード市の環状線M-30の最高速度が90キロメートル毎時から70キロメートル毎時に規制された。


3月に大気汚染プロトコルが発効されてから、ステージⅠが発令されたのは今日で2回目。 前回は11月12日と13日に発令され、ステージⅡまで引き上げられた。


市役所の情報によると、11月30日22時頃、ピラール地区で大気汚染物質の二酸化窒素(NO2)が328マイクログラム/m3を記録、他にもサンチナロで221マイクログラム/m3、クアトロカミノスで257マイクログラム/m3と高い数値を記録した。


マドリード市の大気汚染プロトコル


ソース

El Ayuntamiento vuelve a activar el protocolo de contaminación y limita la velocidad en M-30

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。