otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン  「スーパーで売っている卵の色が茶色いのは、高そうに見えるから」現象はスペインでも同じだったことが明らかに。

|

スペインにおいて、2014年の一人当たりの卵の消費量は135個、そのうち90%は赤玉(殻が茶色い卵)だった。


卵及びその製品の専門家組織(INPROVO)のマル・フェルナンデス会長は、「60年代70年代は、鶏卵業者は白い鶏を選んでいて、その卵の色も白かった。 その後、消費者が茶色い卵に対してお金を出すようになった。 赤玉は特別な商品だった。」「その後徐々に生産者が需要に合わせていった。」とのこと。


「実際、卵の色は鶏の種類によるもので、白い鶏は白い卵を産む。 また、白玉と赤玉の栄養素に違いはない。」とフェルナンデス会長。


ただ、白い鶏は茶色い鶏より餌の消費量が少ない。 鶏卵業者にはうれしい事実だが、消費者は赤玉を求め続けている。


ソース

¿Por qué no compramos huevos blancos?

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。