otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ CUPは依然マス氏の再選を拒否

|

ヨーロッパプレスによると29日、マンレサで行われたCUPの集会でアルトゥール・マス前カタルーニャ州首相の州首相再選の拒否を表明、しかしマス氏の率いる独立派合同会派ジュンツ・パル・シィとの話し合いは続けていくということが分かった。


マンレサで行われたカタルーニャ州独立派反体制派政党の人民連合(CUP)の集会で、州議会議員ベネット・サレリャス氏はこの様に語り、ジュンツ・パル・シィの提案した新しい州首相態勢に同意しないことを明言した。


ジュンツ・パル・シィがCUPに提案していたのは、一人の州首相と一人の副州首相、三人の副首相の権限を持つ大臣の選出、しかし実質的にはアルトゥール・マス州知事と、副州知事を兼任する大臣一人と二人の大臣、全てがジュンツ・パル・シィから選出される。 (つまり首相一人、副首相三人) 


最近、カタルーニャ州の若者に絶大な人気を誇るCUP。 手あたり次第に聞いてみればほぼ皆がCUPを推薦している。 その裏にはCDCの汚職問題が横たわっている。 マス氏が党首を務める前与党CDCは現在、市役所などの建設に便宜を図る見返りに建設費のうち3%の手数料という裏金を受け取っていたことが発覚。 また、2014年に行われた非公式の住民投票の実施に伴う公的資金横領等で裁判が行われている。 これに嫌気がさしているため、失業率の高い若者を中心としてCUPは人気が高い。 さらに独立派とくれば、新しい未来を夢見て、CUPにその夢を託したくなるのかもしれない。


このまま州首相が決定しなければ3月以降に再び州議会選挙を実施しなければならない。 地元紙ラ・バングアルディアによると、半数の市民が再選挙を希望しているとのこと。


カタルーニャ州は独立以前に州首相選出を巡り混乱を来している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。