otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

撃墜されたロシア空軍機のパイロットがトルコ政府の主張を否定

|

トルコ空軍機F-16に撃墜されたとされるロシア軍機Su-24のパイロットの一人は、トルコ政府の主張を全面否定、1秒も領空侵犯をしていないし、攻撃を受ける前に姿も見えなければ、無線連絡もなにも受けなかったとヨーロッパプレスは25日、伝えた。


トルコ空軍機に撃墜されたとみられているロシア航空宇宙軍所属戦闘機Su-24のパイロットの唯一の生存者であるKonstantin Murahtin氏はこの様に語り、モスクワ側の主張を支持、トルコ政府の主張を全面否定した。


ロシア政府は、トルコに攻撃を加えることは無いと発表したものの、今回の事故は計画されたものかもしれないという発言に至っている。


Murahtinはシリア国内のロシア軍基地に避難している。 スプートニク通信社によると1秒も領空侵犯をしていないと語っているといい、同パイロットは基地の司令官に「この基地にに留まりたいと希望を出した。 司令官に大きな借りを作ってしまったのでそれを返したい。」と語ったという。


ソース

El piloto superviviente del avión derribado niega la versión de Turquía

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。