otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス北部ベルギー国境付近の街ルーベで発砲、人質事件か。

|

ヨーロッパプレスによると、24日、フランス北部ノール県リールの街ルーベで人質事件が発生したと報じた。


また、数発の発砲音も聞こえたと報じている。


追記20時55分(スペイン時間)


フランスメディア"La Voix du Nord et Nord Éclair"によると、複数の武装した男性がベルギー国境付近の街ルベにある家で人質を撮って立てこもった。 人質は銀行の社長とその家族であると、警察はロイター通信に発表。


"La Voix"紙は、カラシニコフの様な銃で数発発砲、数人が怪我をしたと報道。


現在突入部隊が待機しているとの事。


スペインメディア"エル・コンフィデンシアル"は、立て籠もっている男性は2人で、強盗目的。 テロとの関連はないと報道している。


ソース

Toma de rehenes en el norte de Francia

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。