otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

NATO ロシア空軍機墜落を受け緊急会議を招集

|



北大西洋条約機構(NATO)加盟国らはトルコ空軍機がロシア製空軍機を領空侵犯したとして撃墜したと発表したのを受け、緊急に会議を招集したことが24日、ヨーロッパプレスの報道で分かった。


ロシア国防相は「地上からの攻撃」と発表していたが、詳細な情報を収集中。


カルメン・ロメロNATO報道官は「(NATOの最高意思決定機関)北大西洋理事会(NAC)に本日17時、緊急会議を招集した。 議題は、トルコがロシア空軍機を撃墜したことに関してだ。」と、発表。


9月30日にロシアがシリアへの空爆作戦に参加してから、ロシア空軍機がトルコに対して領空侵犯を行ったのは今回が初めてではないが、撃墜したのは初めて。 また、過去にシリア国空軍機を撃墜したこともある。


トルコ軍が発表した情報によると、2機のトルコ空軍機F-16が領空侵犯をした識別不明の戦闘機に対し、10回警告を行った。 その5分後に撃墜した。 トルコ政府は撃墜したのはロシア製戦闘機Su-24だったと発表。


Anatoliaが掲載した映像によると、Su-24戦闘機からパイロット2人が脱出したのが分かる。 トルコのDogan通信社によると、墜落後ロシアのヘリコプターがパイロットの救出に駆け付けたとのこと。 また、CNN Turkによると、2人の内1人はトルコ軍に拘束されているとのこと。 また、ロイターはパイロットが重傷と分かる映像を反乱軍から入手した。 さらに、反乱軍の指揮官らは1人の死亡を確認したとのこと。


(ヨーロッパプレス情報)

ソース

La OTAN se reúne de urgencia a petición de Turquía tras el derribo de un avión ruso

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。