otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プーチン 撃墜に関して「テロリストの共犯者に背中から刺された」トルコを批判

|

(写真 ヨーロッパプレス)


ヨーロッパプレスによると、24日、シリア北部でロシア空軍機が墜落したことを受け、「テロリストの共犯者に後ろから刺された。」「この結果はロシアとトルコの関係に重大な影響を与えるだろう。」と語った。


この様にヨルダン国王アブドゥッラー2世と姿を現したプーチン大統領は、「明らかに戦闘機Su-24はトルコに脅威が無かったにもかかわらず撃墜された。 墜落した地点は国境よりシリア国側6キロメートルの地点だった。」と語った。


プーチン大統領は、事件の詳細を、時間をかけて分析するとしながらも、「この結果は以前より同盟国として扱ってきたトルコと、ロシアの両国間に重大な影響を与えることになる」と、語った。


また、もしトルコがロシアの立場だったどうするのか疑問を投げかけ、更に、アンカラ(トルコの首都)がロシアよりも先に北大西洋条約機構(NATO)加盟国に意見を求めたことを非難、「NATOがイスラミックステートの任務をさせたいのか?」(NATOとイスラミックステート対ロシアにしたいのか?)と語った。



ソース

Putin considera el derribo una "puñalada por la espalda" de "cómplices" de terroristas


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。