otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

イスラム過激派組織イスラミックステート「シリアを空爆する国々はフランスと同じ目に遭う。」

|

ヨーロッパプレスによると、16日、イスラム過激派組織イスラミックステートが新たな映像を配信、その中でシリアの空爆に参加する国はフランスと同じ目に遭うと語り、ワシントンを襲撃する脅迫を行ったことが分かった。


声明の中で、”十字軍に参加している国々に対し、神アラーの名のもとに伝える。 神が望むならいつの日か、フランスで起きたようなことが起こるだろう。 従って、アメリカ・ワシントンを襲撃することを誓う。” というような内容を発表。 


さらに、”欧州の国々に告げる。 我々は徐々に近づいている。 罠と爆弾と共に近づいている。 爆弾チョッキとサイレンサー付きの武器を持って近づいている。 貴方たちはそれを発見することは不可能だ。 なぜならば我々は以前よりさらに力を付けたのだから。” と続けた。


通信社Efeが16日に伝えたところによると、スペイン中央政府ホルヘ・フェルナンデス・ディアス内務大臣は、国連もしくは欧州から要請があるようならば、シリアで任務を行うだろうと発表、議会もそれを承認するだろうと語った。 



ソース

Estado Islámico avisa: los países que bombardean Siria tendrán la misma suerte que Francia

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。