otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス空軍機シリアのイスラミックステートを空爆へ。

|

ヨーロッパプレスによると、15日、フランス空軍機がシリアのラッカ県の県都ラッカ(イスラム過激派組織イスラミックステートが「首都」と宣言した街)へ向かったことが分かった。


今回の任務には、約10機の爆撃機が出撃したとみられ、目標は訓練施設であると、フランスの防衛省が発表した模様。 


第一目標は、DAESHの指令施設、ジハード主義訓練施設、武器庫。 第二目標はテロリスト訓練施設の宿泊施設。 


ヨーロッパプレスによると、今回のフランス軍による任務は、先週金曜日パリで起こった連続多発テロへの最初の報復となった。


Efe によると、爆撃は19時50分から一時間の間にわたり行われ、10機の戦闘機から20の爆弾が発射された


ソース

Aviones franceses atacan el bastión de Estado Islámico en Siria

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。