otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

パリ連続多発テロ スペイン人犠牲者4人に増えたが・・・・その一人がフェイスブックで無事を伝える。

|

ヨーロッパプレスによると15日、最初にその死亡が確認されたスペイン人JAGさん29歳、その後メキシコ国籍とスペイン国籍を持つ女性の他、2人のスペイン人が犠牲となったことが報道された。


15日にその死亡が確認されたと報道されたのはJACさんとAPTさん、家族にその情報がもたらされた。 


しかし、その後APTさんが自身のフェイスブックを通じてその無事を伝える事態が発生。


スペインはガリシア州ポントペドラ出身のAPTさんは、フェイスブックに自身の無事を報告、そこには

「んーっとわかんないんだけど。。。僕は自分で自分を見てるよ、生きてるって言っていいと思う。。。でも、貴方たちがとても美しい言葉を僕に書き続けて、迷惑を掛けないようにするなら死んだ方がいいのかな。。。しかも「エル・パイス紙」も(死亡が確認された)言ってるし。。。だって、真実なはずでしょ。」


と書かれている。


その後ヨーロッパプレスはこの男性の母親に連絡、間違えなく息子だったという。


ヨーロッパプレスによると、この間違いはどうやらポントペドラ市役所にあった模様。 似ている人物による「公式な身元確認の間違い。」とのこと。 公式に情報を変更、APTさんは生存、健康状態も良いと発表された。



ソース(注意:リンク先には名前が出ています。)

La madre de Alberto Pardo, uno de los españoles dado por muerto, confirma que su hijo está vivo

Dos españoles más entre las víctimas mortales de los atentados en París

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。