otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

パリ 行方不明だったスペイン人が遺体で発見される。

|

ヨーロッパプレスは14日、昨晩のパリで起きた連続多発テロから行方が分からなくなっていたマドリード出身でパリに在住していたスペイン人男性JAG(イニシャル)さん29歳が、バタクラン劇場の中で遺体となって発見されたことが、スペイン政府ソラヤ・サエス・デ・サンタマリア副首相兼報道官が発表したと報道。


JAGさんは奥さんとバタクラン劇場にいた模様。 13日に起きた連続多発テロによるスペイン人犠牲者で唯一となってしまった。 


ソラヤ副首相は、フランス当局により死亡が確認され、家族には在パリスペイン国総領事館(Consul general de España en parís)より連絡が伝えられた。


副首相兼報道官は、記者団を前に涙ぐみながら「今日、スペインとフランスはお互いの国民が死んでいくのを見なければいけない痛みを分かち合った。 しかし、この恐怖に打ち勝つため、テロリストに打ち勝つため、共同で立ち向かっていく。 民主主義と自由を勝ち取るために。」と語った。


(ヨーロッパプレスのリンク先には実名及び写真が掲載してあります。)

El español JAG Garrido, fallecido en el atentado

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。