otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

違法路上販売員に情報漏らしていない アダ・コラウ市長

|

11月9日早朝から自治州警察及び自治体警察が共同で、バルセロナの観光客で賑わうマリティモ通りの違法路上販売の取り締まりを行っている件で、アダ・コラウ市長は「(違法路上販売員の)彼らとはいかなる種類の情報伝達手段をとっていない。」と語った。


ホスピタル・デル・マル(マル病院)の拡張工事現場を訪れたアダ・コラウ市長は、この様に記者団に語り、警察の一斉取り締まりの情報が漏えいし、違法路上販売員が捜査の手を逃れた疑いを否定した。


「現在トップマンタ(違法路上販売)の問題を解決するため善処している。 中長期的な行動が必要だ。」と語った。


また、難民についてバルセロナは何らかの用意をしているのかという問いに、「残念ながら、スペイン中央政府からの情報が一切ない。」「スペイン中央政府は難民に対する義務を怠っている。 ドイツは多くの難民を受け入れているというのに、中央政府はたったの19人しか受け入れていない。」と語った。


ソース

Colau niega que se avisara a los 'manteros' del operativo del paseo Marítim

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。