otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ アルトゥール・マスの再選ならず。 再投票は木曜日。

|



11月10日 火曜日 カタルーニャ州知事選出投票 68票が必要であったが、マス氏はジュンツ・パル・シィからの62票しか集められず、再選ならず。


11月11日 水曜日 内閣が「カタルーニャ共和国建国開始決議」が違憲であるという訴状を承認。 憲法裁判所に提出。


11月11日 水曜日午後もしくは12日金曜日午前

 訴状を受理するか判断するため、憲法裁判所裁判官らが会議。 受理されれば自動的に「カタルーニャ共和国建国開始」決議案が5か月間凍結され、裁判所の裁判結果を待たなければならなくなる。 訴状が受理されると、カタルーニャ州議会のカルメ・フォルカデイ議長に直接連絡が届く。


この時点で州議会、もしくは州行政官らが憲法裁判所の指示を無視(つまり、憲法、財政法、社会保障制度などの制定に動くような、独立プロセスを強行)した場合、中央政府は最高裁に(その行為を止めさせる様に)行動を起こすよう要請することが出来る。


また、中央政府は憲法裁判所に対し、訴状の内容を実行、保証するための方法を提案することが出来る。


さらに、憲法裁判所は、独立プロセスを進める公務員を含む議員、州政府従事者らに3千から3万ユーロの罰金を課すことが可能で、その任を直接解くことが出来る。


11月12日 木曜日 二回目のカタルーニャ州知事選出投票が行われる。 選出には単純多数(賛成が反対を上回ればよい。 つまり、ジュンツ・パル・シィは62票を持っているので、反対が63票以上入れば、マス氏は再選できない。)


2016年 1月9日 二回目の投票でも決まらなければ、マス氏が所属するジュンツ・パル・シィは1月9日までに多数票を獲得するよう各議員らと交渉が出来る。 もしくは2016年3月に再び州議会選挙を行うという決定が出来る。


ソース

Fechas clave tras el pleno del Parlamento catalán: recurso del Gobierno e investidura del presidente de la Generalitat



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。