otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ガリシア エボラ出血熱感染の疑いがあった男性、第一次検査陰性、第二次検査の結果待ち。 現在マラリアの治療開始。

|

ア・コルーニャ在住ギニア国籍24歳の男性が、エボラ出血熱に感染している疑いでア・コルーニャ総合大学病院に搬送、エボラ出血熱プロトコルが発動され、隔離施設を備えたビーゴのメイショエイロ病院に転院していた。


エボラ出血熱に罹患しているか、男性の検体をマドリードの国立微生物センターに送り、第一次検査に陰性の結果がでた。 現在さらに詳しく調べるために二八日夜中から第二次検査を行っている。 検査結果は72時間程度で出る予定。


現在男性の容体は安定しており、熱も引いているとのこと。 しかし、最初の検査でマラリアに感染していることが分かり、水曜日夕方からマラリアの治療を開始している。


男性はギニアに5か月間家族と滞在していた。 その後ポルトガルのリスボンに飛行機で渡航、車でガリシアに到着、26日月曜日の朝から隔離されている。


ソース

El paciente sospechoso de ébola ya es tratado para malaria

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。