otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ ジュンツ・パル・シィとCUPがカタルーニャ共和国への独立プロセスを開始する草案を州議会に提出。 CUPとジュンツ・パル・シィまさかの共闘か。

|

カタルーニャ民主集中党(CDC)とカタルーニャ共和主義左翼(ERC)の合同会派ジュンツ・パル・シィと人民連合(CUP)は27日、カタルーニャ州独立に向け共和国を建国、独立へのプロセスを開始するための草案をカタルーニャ州議会に提出したことが分かった。


提出された草案は、カタルーニャ州独立のプロセス開始の法案で、CDCスポークスマンのジョルディ・トゥルイ議員、ERCのマルタ・ロビラ幹事長、CUPの州議会選挙立候補者名簿1位アントニオ・バニョス議員、CUPナンバー2アナ・ガブリエル議員の署名が確認された。


草案について両党(ジュンツ・パル・シィとCUP)は「厳密にいうと、カタルーニャ州を共和国として独立させるためのプロセスの始まりを議会で決定したいのだ。」と語った。


提出された草案には、約30日で憲法、社会保障、財政の三つの国家の根幹をなす法律を制定する予定と記述されている。


CUPは以前よりアルトゥール・マスの州知事再選を拒否している。 しかし、独立に対しては賛成であるため、今回のジュンツ・パル・シィ(JxSí)と共闘が実現した。 


つまり

アルトゥール・マスの再選に関しては

CUPが拒否

従って、JxSiは議会で過半数を取れない。


独立に関して

CUPは賛成

従って、Jxsiは技官で過半数を上回る。


JxSiが独立を実現するためにはアルトゥール・マスを諦めなければならないが、それを拒否。


今後、カタルーニャ・シィ・ケ・エス・ポット(Catalunya si que es pot)党の動きが注目される。

注目の決議草案はこちら(PDF)より



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。