otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

エアバス社、9月まででボーイング社より368機受注数が多かった。

|


カタルーニャプレスによると18日、9月までの受注数が、エアバス社が815機、ライバル社のボーイング社が447機で、368機エアバス社の方が受注数で多いことが分かった。


これは、八月にインディゴ社から創立9周年とインドの69回目の独立記念日を祝して8月15日に250機の発注の締結がされたのと、IAG(インターナショナル・エアラインズ・グループ)から31機を受注したため、大きな差が出来た。 IAG31機のうち11機は傘下のイベリアに受け渡されスペインの新規航路開発に使われる予定。


エアバス社は1月から9月までの815機の受注で、104,397,700,000ドル(約920億3870ユーロ)の売上、対してボーイング社は447機の受注で74,165,100,000ドル(約654億560万ユーロ)


しかしながら、両社とも発注のキャンセルも相次ぎ、エアバス社で

A319ceo   4機

A320ceo    34機

A320neo   3機

A321ceo    10機

A330-300  2機

A350-900   7機

の計60機で売り上げにして約8,245,200,000ドル(約72億6070万ユーロ)


ボーイング社では

ボーイング737   39機

ボーイング747  4機

ボーイング787   26機

の合計69機がキャンセルされ、13,627,300,000ドル(120億1280万ユーロ)の売り上げを逃している。


ソース

Airbus supera a Boeing con 368 pedidos más hasta septiembre

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。