otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ 2014年11月9日に行われたカタルーニャ州の独立を問う非公式な住民投票のために7千台のコンピューターを購入、「280万ユーロ」(約3億8千万円)かかっていた。

|




カタルーニャ州裁判所の情報筋によると、スペイン憲法裁判所の中止命令を無視して昨年の11月9日に行われたカタルーニャ州の独立を問う非公式な住民投票(以下9N)のために7千台のコンピューターが新たに購入され、2,800,000ユーロ(約3億8千万円)が計上されていたことが分かった。


現在カタルーニャ州高等裁判所では、不服従、公的資金横領等の疑いで、アルトゥール・マス州知事、ジョアナ・オルテガ元副州知事、イレーネ・リガウ(カタルーニャ州)教育大臣を巡って公判が行われている。 


裁判所の情報によると、9Nにかかった費用はこれ以外にも交通費として12,000ユーロ(約163万円)が計上されているとのこと。


カタルーニャでは今年3月に利率0%で中央政府から借り入れる基金流動性自治州救済基金(FLA)80億ユーロがカタルーニャ州に充てられたものの、現在実質的に機能していないローマとビエナにカタルーニャ州出張オフィスを1200万ユーロをかけて設立、しかも9月には州内薬局に対し2億3600万ユーロを滞納、他にも託児所に870万ユーロを滞納していた。


ソース

La Generalitat gastó 2,8 millones de euros en los 7.000 ordenadores que utilizó el 9N 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。