otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャを二分した州議会選挙 いったい誰が勝ったのか。

|

スペイン国民だけではなく、欧州連合加盟国を中心に注目が集まったカタルーニャ州議会選挙が約77.46%の投票率で幕を閉じた。 


アルトゥール・マス州知事率いるカタルーニャ民主集中(CDC)は35年間ともに歩んできたカタルーニャ民主連合(UDC)と離別、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)と連立を組み、ジュンツ・パル・シィ党(共にYES)を結党、カタルーニャ州を独立に導くため、今回の州選挙に挑んだ。 


CIU= CDC + UDC

            ↓

ジュンツ・パル・シィ党 = CDC + ERC


今回の州選挙でジュンツ・パル・シィ党 62議席獲得 (過半数68議席に及ばず)




2012年に行われた州議会選挙では、CIUとERCを合わせると71議席を獲得できていた。 いくつかのメディアでは、この理論から9議席を失い「大敗」という記事も出ている。




また、同じ独立派のCUPは今回の選挙で10議席を獲得、ジュンツ・パル・シィ党と合わせれば「独立派」は72議席となり、議席数で過半数を超える。


ジュンツ・パル・シィ党(62議席)+CUP(10議席)=72議席 (過半数68議席を超える。)


この観点から、多くのメディアでは「独立派の勝利」。 「カタルーニャ州が独立への道を歩み始める」などと報道している。




開票率98.72%時点でのそれぞれの得票率は


ジュンツ・パル・シィ党 39.65% (1,605,727票)

CUP8.21% (332,561票)

合わせて 47.86% (1,938,288票)


ドント方式により、47.86%でも獲得した議席数は過半数を超えた。 つまり、独立に賛成しているカタルーニャ市民は50%を超えなかった。 注目すべき数字として、カタルーニャ州全体で約550万人の有権者のうち、300万人が集中しているバルセロナでの独立派(ジュンツ・パル・シィ党・CUP)の得票率は44.77%にとどまり、39議席を獲得。 “独立派ではない”党は46議席を獲得している。


また、ジュンツ・パル・シィ党はアルトゥール・マス氏を州知事、その後独立した場合大統領とする予定であるが、CUPはこれに猛烈に反対している。 CUPは選挙運動中、得票率が50%を超え、ジュンツ・パル・シィ党が十分な議席を獲得すれば、連立もあり得なくはないと発言していたが、得票率は47%、ジュンツ・パル・シィ党の獲得議席も過半数より6議席も少ない。 同じ独立派としてどこまで両党が歩み寄れるか問題だ。 


さらに、憲法裁判所では一方的な独立宣言等を行った場合、それが憲法違反だと判断されると、その議員の職務を凍結、またははく奪するという法案がスペイン国与党PPから提出されており、10月中に下院を通過する「超特急」の法改正も行われる予定。


州議会と中央政府の対立は激化する一方だ。



今回の選挙で大躍進を遂げたのが独立反対派のシウダダノス党(右派)で、9議席から25議席を獲得、一気に第2勢力政党に躍り出た。 この政党は、カタルーニャ州での教育現場でカタロニア語のみの授業を批判、スペイン語を擁護するなど、中央政府寄りの政党だ。 



ヨーロッパプレスでは「”ジュンツ・パル・シィ党+CUP”  対 “他の政党たち”」という報道を行っており、「シウダダノス党+PSC+カタルーニャ・シ・ケ・エス・ポット+PPで得票率48%、対して独立派の得票率47.84%、独立反対派が本当は勝ち」と発表している。 




選挙後の各政党の発言も真二つに分かれた。


  • 国民党(PP)「カタルーニャ州市民は、はっきりと独立に”NO”と言った。」
  • アルトゥール・マス州知事「独立に向けて大きな前進。」
  • シウダダノス党「多くのカタルーニャ州市民がアルトゥール・マスに背を向けた。辞任を要求し、「独立」が焦点でない選挙をもう一度行うべき。」
  • CUP「毎日発言しているが、州知事としてマスに票を入れることは決してない。」

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。