otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ネイマール選手脱税の容疑でブラジル当局より嫌疑がかけられ4250万ユーロ凍結。

|

ヨーロッパプレスは25日、ブラジル検察当局がFCバルセロナのネイマール選手に対し、2011年から2013年の間に脱税を行った疑いで、選手の父親及びネイマール選手に関係する会社に対し合計で4250万ユーロを一時予防的に凍結したと報道した。


ブラジルの現地紙「O Globo」が報じたところによると、ブラジル検察当局(Procuradoria-Geral da Fazenda Nacional)が合計で4250万ユーロを凍結、対象となった口座はネイマール選手の関連企業及び、家族の口座などで、2011年から2013年の間、サントスからFCバルセロナへの移籍金に関係する1430万ユーロを脱税した疑いがあるとのこと。


ネイマール選手への制裁金として、脱税したと思われる金額の150%がネイマール選手関連の口座及び家族の口座から一時的に凍結された。 


当局によると、ネイマール選手は資産の8.05%、440万ユーロしか申告していなかったと見ている。


ソース

Neymar, acusado de evasión de impuestos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。