otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ市役所のバルコニーで独立派との国旗掲揚戦争勃発

|



バルセロナは現在、守護聖人を祝う「メルセ」祭りが行われている。 この祭りは1週間行われ、500以上のイベントが行われるバルセロナ最大のお祭りだ。 本日24日はその「メルセの日」で祝日、多くの人がこの日を祝う。  その中でも市役所前で行われるイベントは、バルセロナ市長やカタルーニャ州知事などが一同に会する行事である。


このイベント中、州知事と市長のすぐ横でカタルーニャ共和主義左翼(ERC)党員のアルフレッドボッシュらが、カタルーニャ州独立のシンボルである旗(以前、FC.バルセロナのファンが試合中に旗を掲げ、政治的なメッセージを主張しているとして問題となったものの、委員会当局は非公式の旗(バナー)であるとの判断を下し、制裁金を課さなかったこともある。)「エステラダ」を市役所のバルコニーに掲げた。 これに対し、国民党のアルベルト・フェルナンデス氏はスペインの国旗をアルトゥール・マス州知事のすぐ横で掲げ、住民からブーイングを受けた。 


その後、市役所前にいた市民から「独立」という叫び声も聞こえた。


結局彼ら二人はバルコニーから出されてしまった。 



その時の映像



ソース

ERC saca una 'estelada' al balcón del Ayuntamiento y el PP una española que abuchea la plaza




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。