otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン フォルクスワーゲン社傘下セアトがフォルクスワーゲン社製の窒素酸化物排出量をごまかすエンジンを使用していたことを認める。

|



ヨーロッパプレスによると24日、排出ガスの試験を行うときだけ排出ガス量を抑える違法なソフトウェアがインストールされた、現在米国で問題となっているフォルクスワーゲン社製ディーゼルエンジン”EA189”がここ数年セアトでも使用去れていたことを認めたことが分かった。


セアト社が発表した情報によると、「セアト社もエンジンEA189を幾つかのモデルに使用していた。」と発表、その数と搭載されたモデルは公表していない。


セアト社はまた、EA189を搭載した自動車は安全だとし、「新しく販売しているモデルはエンジンEU6で、全ての排出規制のノルマをパスしている。」と発表した。


セアト社のマティアス・カルネロ会長は、「現在EA189を搭載した車体の台数を調べる調査機関を発足した。」と語った。 会長はまた、投資家らに対し落ち着きを取り戻すよう要請した。


スペイン地元紙エル・パイス紙は、その数を50万台と報道している。


ソース

Seat admite que montó en algunos vehículos los motores trucados del grupo Volkswagen


Seat montó más de 500.000 de los motores diésel investigados

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。