otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マリアノ・ラホイ首相、レウスでの政治集会後の散歩を独立派に拒まれる。

|



ヨーロッパプレスは22日、カタルーニャ州タラゴナ県レウス市で政治集会を行ったマリアノ・ラホイ首相と国民党アルビオル候補が、その後のレウスの目抜き通りを散歩中数十人の独立派市民により、予定の半分を歩いたところで中断したと報道した。


9月27日に行われる州議会選挙バルセロナ立候補者名簿第一位の国民党所属アルビオル候補はレウスで集会を開き、マリアノ・ラホイ首相が応援に駆け付けていた。


集会の中でアルビオル候補は独立派ジュンツ・パル・シィ党に対し、「カタルーニャ共和主義左翼(ERC)、カタロニア統一社会党(PUSC)、カタルーニャ民主集中(CDC)が集まっているが、この絡み合った思想でどんな政府を作り上げたいのか。」などと批判した。


集会後、アルビオル候補とラホイ首相はレウスの街のメインストリート・リョベラ通りを散策した。 しかしこの時、プラカードをもった独立派のレウス住民が行く手を阻み、「レイシズム政治家、ネオリベラル、金の亡者(Banquero)はレウスから出ていけ。」などと叫び、首相らは予定の半分の道のりをのこし、レウスを後にしなければならなくなった。



ソース

Decenas de manifestantes suspenden el paseo de Rajoy en Reus al grito de 'Independència'


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。