otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 8月の外国人観光客920万人 カタルーニャ州で3%の観光客数減少(前年同月比)

|

産業・エネルギー・観光省の国境観光動向調査(FRONTUR)は22日、8月の外国人観光客動向を発表、922万6千40人がスペインを訪れたことが分かった。


今年8月の観光客数は昨年同月比で1.6%増加、1月から8月までの累積で4720万1千960人がスペインを訪れ、昨年比で4.1%の増加。


発表されたデータをグラフ化すると

依然として英国、フランス、ドイツはTOP3の常連。


8月の外国人観光客前年同月比増減率。 先月に続き、米国からの観光客増加が著しい。 また、欧州以外からの観光客が増加傾向にあり、スペインの観光地としての人気は高まる一方。


自治州別に見た観光客数の割合。 カタルーニャ、バレアレス諸島、アンダルシアがいつものTOP3


自治州別に見た観光客増減率。 なんとカタルーニャで3%の減少、アダ・コラウ市長の観光客数増加を抑える政策等が功を奏している模様。 また、先月に続きマドリードの人気が高まっている。


ソース

Frontur


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。