otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリード アパートで電気給湯タンク爆発事故 怪我人無し

|


ヨーロッパプレスによると9日、マドリードのカラバンチェル区グアバイロ通り17番1階(2階)(calle Guabairo 17 primera planta ,Carabanchel)でアパートに設置されている電気給湯タンクが爆発、女性三人と子供三人が避難したがいずれも怪我はなかった。


事故が起きたのは現地時間9日午前8時30分頃で、テラスに設置されていた電気給湯タンクが爆発。 室内に瓦礫が散乱し、住める状態ではなくなってしまった。 


爆発当時、女性三人と8歳、5歳、1歳の子供がいたが、出かける直前だったことから幸いにも怪我を負うことはなかった。 


3人の女性のうち1人は脱出時に足に怪我を負ったということで駆け付けた救急隊員に手当てを受けたという情報も入っている。 4階(5階)に住む同じアパートの住民は一時避難したものの、すぐに自宅に戻ることが出来るようになった。


マドリード市役所消防団員4人が現場に駆け付け、建物の構造体に損害が無いことを確認。 倒壊などの危険はないとのこと。 


問題となった給湯タンクは、温度調節に不具合があり、沸騰しても電源が切れることなく熱し続けてしまい、タンク内が蒸気で満たされ爆発してしまったのではないかと説明している。


事故のあったアパートの住民は、社会サービスを拒否。 家族の他の家に避難したと救急隊員スポークスマンは発表した。


ソース

Tres mujeres y tres niños salen ilesos de una explosión en un piso de Carabanchel

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。