otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン リオハ・ログローニョの収穫祭「聖マテオ祭」

|


Rioja


スペイン北部のリオハ州にある自治体ログローニョでは、毎年9月にブドウの収穫祭が行われる。スペインを代表するワインの産地で行われる収穫祭だから、その規模も他の自治体とは比べ物にならないほど大きなもので、9月14日から24日まで様々な催し物が行われる。なかでも、21日から始まる「聖マテオ祭」から祭りは最高潮を迎える。


「聖マテオ祭」(フィエスタス・デ・サン・マテオ)の起源は12世紀まで遡ることが出来る。農作物の収穫を祝う感謝祭として始まったお祭りは、イザベル2世のときに政令が発布され、9月上旬に行われる正式なお祭りとして認可される。その後、9月11日から23日の間で開催日が毎年変わっていたものが、収税官だった聖マテオの日である9月21日に落ち着いたとの事。ただ、収税官から派生して、いまでは商売の守護聖人として崇められるようになっている。


1956年からブドウの収穫祭も一緒に行われるようになり、これから訪れる大変なワインの醸造過程を乗り越えるために元気づける意味合いも含まれるようになった。


ロケット花火

聖マテオの日は21日だが、20日にログローニョ市役所のバルコニーからロケット花火が放たれる。 これをきっかけにお祭りが始まる。


チャミソス

このお祭りで伝統的に重要な行事として、住民はスラカポテ(Zurracapote:赤ワインにフルーツや砂糖、シナモンなどを数日間漬け込んで作るサングリアのようなカクテル)を無料でふるまう(チップ用の缶はある)。また飲む際には、飲みまわしように「ポロン」を使用する。


Porron foto


ブドウ踏み

聖マテオの日に行われるブドウ踏みの行事。絞り出た最初のブドウ果汁を地域の守護聖バルバネラに捧げる。


Sanmateo1


エンティエロ・デ・ラ・クバ(樽の埋葬)

祭りを締めくくる行事として、参加した市民たちは蝋燭とワインの樽を運びながら市内を歩き、樽を燃やす。人によっては燃やさず、来年まで取っておくとのこと。


Quema cuba


主な催し物として:


  • ピンチョとワインコンクール
  • パエリア試食会
  • プロ・ペロータス試合(素手などで壁打ちする競技)
  • 闘牛
  • サパティージャス・デ・ハモン(生ハム)試食会
  • ホタ(伝統舞踊)のクラス
  • チストラ(辛口スペインソーセージ)とロンカルチーズの試食会
  • きのこパテトーストの試食会
  • マッシュルームのアヒージョ試食会
  • バラ肉のスパニッシュサンドイッチ試食会
  • 子供向けサーカス
  • タコとリベイロワインの試食会


など、150以上のイベントが行われる予定。

(試食会といっても料金はかかるので注意してください)



公式ホームページ

ガイド(PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。