otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ ラ・カイシャ銀行所有文化センター”エル・カイシャフォーラム”でミニルーブル美術館開催 9月23日から

|


ラ・カイシャ財団エリサ・ドゥラン会長は8日、バルセロナ市内にあるラ・カイシャ銀行財団所有の文化センター”エル・カイシャフォーラム”(El CaixaForum)で9月23日からルーブル美術館の所蔵品約400点を展示すると発表した。


今回展示されるのは、古代エジプトに製作された動物等の歴史的に重要な彫像などで、今回ルーブル美術館から初めて外に出されることになる。


さらに、ルイ14世の第一画家シャルル・ルブランの絵画も展示される予定で、ルブラン死後、ルイ14世が作品をルーブル美術館に保管してしまったため、幾つかの作品は18世紀以降誰にも見られていない、「ほぼ目垢がついていない」作品もあるとのこと。


ソース

El CaixaForum se convierte este otoño en un "pequeño Museo del Louvre"

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。