otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 教育・文化・スポーツ大臣がピケを擁護「ブーイングは悪い。」

|

地元スポーツ紙ASは「ピケ問題は国の問題:政府が擁護」というタイトルで、ピケのブーイング問題を報じている。 


ASによると、公営放送TVEに出演したイニェゴ・メンデス・デ・ビゴ教育・文化・スポーツ相は、レオンとオビエドでピケ選手が観客からブーイングを受けた問題に関して「私は、ブーイングは悪いと思う。 国歌、シンボル、人々を尊重しなければならないと思う。 誰に対してもブーイングをしない様(ファンに)求めたい。」とコメントした。


大臣の意見では、国を代表したユニフォームを着ているのは”偉大な選手”であり、”尊重に値”するとの事。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。