otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州難民問題 難民は受け入れ先の国を選ぶ権利はない、他の国に移ってはいけない。 欧州連合加盟国で難民受け入れ拒否は正当な理由がある場合、GDPの数%を支払えば1年間有効。

|



ヨーロッパプレスが欧州委員会から得た速報によると、欧州連合加盟国で正当な理由がありGDPの数パーセントを支払えば、最大一年間、難民の受け入れを拒否することが出来ると伝えたことが分かった。


ヨーロッパプレスが伝えたところによると、今週水曜日に発表される予定の難民12万人の振り分けシステムの枠組のなかで、正当な理由がある場合最大1年間、加盟国のGDP数パーセント分のユーロを支払えば受け入れを拒否できるというもの。 支払われたユーロは、難民を受け入れた国で分配される。   ヨーロッパプレスが得た情報によると、「ムスリムが好きではないから。」は正当な理由ではないとして、スロバキアやハンガリーが発表した「キリスト教徒の難民のみ受け入れ。」は容認しないとしている。


ソース

Bruselas pedirá contribución económica a los países que no quieran acoger refugiados

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。