otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン スペイン経団連会長、カタルーニャ州発砲ワイン大手フレシネ会長らがカタルーニャ州独立に言及。 「独立はEU脱退を意味し、輸出と投資に急ブレーキ。」

|

スペイン経団連会長のジュアン・ロセイ氏とカタルーニャ州発砲ワイン(カバ)大手のフレシネ会長ホセ・ルイス・ボネット氏らがカタルーニャ最大紙ラ・バングアルディアに寄稿した記事によると、「”カタルーニャ国”は欧州連合(EU)に残れず、ユーロ圏から外れることになればカタルーニャの企業は深刻な問題を抱えることになる。」と表明した。


この様に2人の署名入りで寄稿された記事には、(カタルーニャが)スペインから独立し、EUからも脱退となると、自治州援助基金(FLA)や欧州安定メカニズム(MEDE)等の援助も受けることが出来なくなる。 ユーロ圏から脱退するということは輸出企業と直接投資等に深刻な影響がでる。 結果的に、企業活動が縮小し、被雇用者が減少、生活水準の悪化につながる、と書かれている。 


カタルーニャ州は、独立の機運が高まってくると同時に企業の流出が始まり、一年で約1000社がカタルーニャを離れ、バレンシアやマドリードに移転した。 さらに中央政府は会社法を改変する予定で、企業の住所を変更する場合株主総会を行うことなく変更し、カタルーニャからの流出を助ける方針を示している。 


先日スペインのラホイ首相は、流入する難民問題のためにメルケル独首相とキャメロン英首相と会談、それぞれ “カタルーニャ国”のEU残留の可能性を否定している。



スペイン 英国デーヴィッド・キャメロン首相「カタルーニャ州が独立しても、EUには入れない。 加盟の手続きを0から始めなければならない。」
スペイン メルケル首相がカタルーニャ州独立派アルトゥール・マス州知事に関して言及
スペイン カタルーニャ社長会会長「約1000の企業がカタルーニャを後にした。」
スペイン中央政府、企業の住所移転を簡易化。 カタルーニャ州独立をにらみ。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。